;

Blog*風のゆくえ 〜湘南日記〜

Blog*風のゆくえ 〜湘南日記〜 湘南の片隅、夫のコソンとふたりの暮らし

鎌倉 天園ハイキングコース(勝上獄から建長寺)

Category : お出掛け♪(湘南)

2012年/11月/21日(火)
天園ハイキングコース
鎌倉




勝上獄の展望台からは階段を下ります。これが結構急で長い階段でした。
つくづく逆コースにしてよかった。こんな階段登れないもの。


半僧坊からの見晴らし。富士山も見えたのだけど、写真には写らないですね。


紅葉にはまだ早かったですね。苔がきれい。


まだまだ階段が続いてます。




少し赤くなりかけてるもみじも。









竹林。
竹はすっとしていて美しいです。


建長寺の裏の方に出てきました。


空が青い。




裏から入って左側に「唐門」という重要文化財があるのですが、写真を撮り忘れました。
ド派手なきんぴか加減。


法堂


仏殿
仏様が祀られていたのでお参りしました。

仏さまの写真はぶれてしまった。
山の中でもカメラ(スマホの)が固まってしまって、ちっともシャッターが切れなくて「もぉっ!」って感じ。


三門



小腹がすいたので「いも吉館」で紫いもコロッケを食べました。
コソンがパクパク食べているので、写真を撮ってから自分のを食べたら熱いっ!
あつあつではふはふ。なぜかコソンのはぬるく、私のはあつあつだったよう。
紫いもを使ったフードのお店が何軒かあったので、鎌倉で採れるのかと思ったら、いもは鹿児島県産と書いてあります。でも鎌倉名物…???

建長寺から北鎌倉の駅まで遠かったぁ。


地元に戻ってきておそば食べて帰りました。

TAG:*天園ハイキングコース
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(湘南) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

鎌倉 天園ハイキングコース(横浜市最高地点から勝上獄展望台)

Category : お出掛け♪(湘南)

2012年/11月/21日(火)
天園ハイキングコース
鎌倉




猫がいました、にゃ〜。


ゴルフコースに出ます。
ここまで車で来られるらしいよ。
ゴルフコースの脇は開けた場所で、大勢の人がお弁当を広げていました。
でもトンビが!こんなところまでやってきて人間のご飯を狙ってます。
かすめ取られた人もいました。
「トンビが出稼ぎに来てる」と老人がつぶやいてた。
私の天敵トンビ!もう二度と盗られないぞ!


アスレチックかと思うような絶壁が!これを登ると大平山の頂上。


一番高い所に来たので、この後は下ります。
急な下り坂!






「あんた!流しそうめんするところがあるよ!」笑いながらコソンが先を行く。

ホントだ!流しそうめんするところだ!



その次はこんな階段。





大きな木が根こそぎ倒れてました。こちらは裏(根っこ)側。


風で倒れちゃったのかしら?
…?どこに生えてたのかしら?


わーん!壁だよ〜!壁を登るんだよ〜!



またやぐらです。



道が二股に分かれ、先の方で続いているようだったので、コソンは坂を上り、私は平坦な方へ。
「こっちに神奈川の慶尚50選って書いてあるよ〜」鎌倉十王岩の展望という石碑が建っていたのでコソンに報告。
「別に大した景色じゃないよ〜」少し高いところから眺めても大したことはないらしい。
景色が良かったら私も高い方登ろうと思ったけどやめる。

突当たりは勝上獄展望台。

海が見えて気持ちいい。
写真をよく見たら、太い道が一本通ってる。あれ若宮大路かな?
十王岩の展望あたりからなら、立ってるところから海まで若宮大路がまっすぐ伸びてたかも?

では最後!建長寺へ向かってゴー!

TAG:*天園ハイキングコース
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(湘南) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

鎌倉 天園ハイキングコース(瑞泉寺から横浜市最高地点まで)

Category : お出掛け♪(湘南)

2012年/11月/21日(火)
天園ハイキングコース
鎌倉



またまたカメラを忘れて外出(* ̄m ̄)プッ
山ガール「山ガールのための山歩きガイド 鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)」では
北鎌倉方面から登るようですが、そちらからだと登りがきつそうだったので、逆の鎌倉駅から出発しました。若宮大路を通って、八幡様の前を右へ。瑞泉寺を目指します。
道路を歩くのも結構疲れる。ちょっと足が痛くなってきました。
少しゆっくり歩いてくれとコソンに言ったら「えっ!相当ゆっくり歩いてるよ!辿り着かないよ!」と言われる。途中で渡った川もきれいで写真を撮ったり、「きれいだね」って言いあいながら歩いたらいいのにね〜。


この奥へ行くと瑞泉寺のようですが、疲れてきたので体力温存!瑞泉寺は行きません。
手前を右に入るとハイキングコースの入口があります。




天園ハイキングコースの入口はこんな狭いの!
入っていくともういきなり山道!


こりゃ、この間の暴風雨の翌日に来てたら川になっていたかも。
水は引けてたとしてもかなり滑るでしょう。
この間の大仏ハイキングコースと違って岩が多く、岩の質感や模様がきれいでした。

おばあちゃんのグループが賑やかに会話しながら降りてきました。
うっひゃっひゃっひゃっと笑い声をあげながらすいすい歩いてく。
私はもうすでに疲れているというのに…。


コソンが棒きれを拾ってくれました。それを杖にして歩きます。
杖最高!登りは杖があるとずいぶん楽です。


これってなんだっけ?と思いだせず今調べました。
これはやぐらなのでしょうか?


「北条家御一門…」と書かれた石碑。私は写真を撮って「なんじゃろな?」と言いながらただ通り過ぎてしまった。一体何だったんだろう?と、今調べてみたところ、この近くに「北条首やぐら」と呼ばれるやぐら群があるようです。
新田義貞の鎌倉攻めに敗れた北条高時の家臣たちが、追ってから逃れながら、主君の首を隠す場所を探しに迷い込んだのがこの山だとのこと。この近くに北条高時の首が埋葬されているらしいです。
鎌倉の古道物語「天園ハイキングコース-天台山付近・・その2」

なんてことは、出掛ける前に調べておけば、もっと楽しく歩けたのに。
次は是非そうしましょう。


あの石碑の手前までは道の両脇に背の高い笹が生えていて、壁のようになっていたのですが、このあたりに来て大きな木が多くなり、森の様相を呈してきました。


木漏れ日が気持ちいい。右の写真はコソンが拾ってくれた私の杖。


途中、木が途切れて富士山の見える場所が。富士山は家から見た方が大きいのに、
それでも何処へ行っても富士山を探してしまいます。日本人の性でしょうか。


写真では分りづらいのですが、道が二股に分かれていました。
「こっちやで〜」と右の道を行くコソン。なんで?なんでそっちだって分るの???


真ん中の木に矢印が書いてありました。こんなんでいいのかな?


そのうちに今度は竹林〜。「ここだよ〜、ここが天園の休憩所だよ〜」




休憩所からちょっと登ったところに見晴らしの良いところがありました。
また富士山いるよ。


「横浜市内最高地点」
えっ!ここは横浜???

TAG:*天園ハイキングコース
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(湘南) | comments(2) | trackbacks(0) | △TOP |

大磯ハイキング 高麗山編

Category : お出掛け♪(湘南)


大磯駅の改札を出て、道路を渡ったところにある「パンの蔵」。(地図はこちら⇒Map
ここでパンを買うことが散歩の始まり。
パンは小ぶりで種類が豊富。どれも美味しそう!
あんドーナツにものすごく惹かれたのだけど、カロリーを気にして…それでもこしあんぱん、それとじゃがいも明太。コソンはカツサンドを買いました。肝心のパンの写真はありません。
湘南平で食べました。あんぱんはほんのり桜の香りがする気がする。


この日は「宿場まつり」開催中でした。気になる出店がいっぱい!
でも、これから山を登るので見るだけ!見るだけ!


高来神社(たかくじんじゃ)でお参りをして(筋肉痛が少しで済みますように)、神社の裏から高麗山へ。高麗山の名前の由来は高句麗からの亡命者の一部がこの付近に定住し、寺院を建立したためと言われているらしいです。高句麗の王族(?)のなんとかって名前も残ってるってどこかに書いてあったけど、ちゃんと読みませんでした( ̄。 ̄)σ

高麗山へのハイキングコースには「男坂」と「女坂」があり、男坂の方が道のりは短い分、傾斜がきつい様子。われわれは迷わず女坂へ!


歩き始めはのんびりでしたが、


すぐにこんな↑で、

こんな↓

この間の鎌倉よりきついよ〜!


ひ〜!


カメラはコソンが持ってくれて、ほとんどはコソンが撮った写真でございます。






やっと頂上?平らな所に出ました。
もう汗だくだくの心臓ばくばくです。お茶!お茶!


これから先は緩やか。下りが多いです。
疲れて駄々をこねるお子様に遭遇したのは想定内ですが、
普通に散歩中のワンコ、買い物途中っぽいおじさんとすれ違ったのにはびっくり。
生活道路なのか?私がぜぇぜぇ言いながら登った道が?


地獄の入口まであるのに。


でもお花は咲いている。彼岸花の群生地というのもありました。
9月の終わりころくれば見られたかも。


自生してるミントやアザミの花を愛でつつ歩きます。


見晴らしよい〜。


顔みたいな木。


さっきの木みたいな顔で歩くわたし。


やっと湘南平に到着。テレビ塔だそうです。登れるみたいだよ。


展望台にはエレベーターがあったので登りました。
江ノ島まで見えちゃう。

ここからの下りも結構な段差があり、勢いがつくと止まらなくなってしまいそう。
代官山の高級住宅街を歩いて大磯駅まで帰って来ました。


「さぬきうどん讃州(さんしゅう)」でご飯〜。(地図はこちら⇒Map




山天うどんの冷たいのを頂きました。うまい!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(湘南) | comments(2) | trackbacks(0) | △TOP |

鎌倉ハイキング|大仏ハイキングコース編

Category : お出掛け♪(湘南)

2012年11月4日、北鎌倉駅から出発。
カメラを忘れ、スマホで写真撮影です。

浄智寺です。お寺には寄らずにわき道を登っていきます。




もうすでに坂道。


階段長い!すでにぜいぜい言い始めているわたし。
今日は気温が下がるという予報だったのに、暑くて上着を脱ぎました。


そのうち階段もなくなり、こんな木の根っこを踏みしめながら登ります。



岩には人の踏んだ跡が自然の階段に…。しかもすっかりえぐれちゃってます。
鎌倉時代のその前から人が踏んづけてきたのでしょうね。
葛原岡神社にやっと到着。
疲れて一休み。
写真も撮らずに座りこんで茶を飲んでいました。


源氏山へ行く途中。大きなクスノキがありました。


化粧坂切りとおし。
どこかから水が染みだしていて、濡れてます。
滑らないように慎重に降りました。
スキーを始めたばかりのころに、斜度のきつい所に行っちゃったときの気分。
降りたら住宅地で、化粧坂の切り通しはどこ?
今んとこじゃない?
引き返して登ってみれば、そうでした。



源氏山公園には頼朝像。



少し戻って違う道を下っていくと銭洗い弁天。
「べにあらいぜんてんってさぁ、ぜぇぜぇ、べに?前転?誰が前転?」
「あんたっ!おかしくなってるよ!ぜぇぜぇ言いすぎだよ!」


トンネルというか洞窟というか、頭を低くたれながら通ります。


ロウソクとお線香を購入するとざるももらえます。


お参りしたらざるにお金を入れて水を掛けます。
「お祓いしたお金は有意義に使いましょう」と書いてありました。
どうしたら有意義に使えるんでしょうね?



銭洗い弁天を後にして、さっき下った坂を登るんですけど、この坂がまた急で息があがっちゃうんですよ。ぜぇぜぇ。



しばらくいくと海が〜。「海〜!」


そしてまた山道です。


この後本当にすごい山道で、登ったり降りたり、段差もすごくてひーひー言う。
木の根っこを足がかりに登ったり降りたりする。
この木の根っこがつるつる、ぴかぴか。大勢の人の足に掛かり磨かれたようす。
写真を撮る余裕は全くなし!膝が笑う〜。
ふだん履きのブーツで来ようかとも思ったけど、トレッキングシューズはいてきてよかったー。
日差しが熱い。結構焼けてしまったかも。


大仏切り通し。
崩壊危険区域だかなんだかの表示も建てられてました。
足元を見れば太いワイヤーが何本も通ってる。
崩れないようにワイヤーで補強してあるようです。逃げろ。



 
大仏到着〜!中学校以来!
靴の中に小石が入ってしまって、座ったら出そうと思っていたのに忘れた〜。
足が小刻みに震える〜。膝が笑うってこういうことなのね。



長谷寺の長谷観音などなどは写真撮影禁止だったので撮らなかったら、本当になんにも撮ってなかった。
休憩所からの眺め。見晴らしよくて気持ちいい。ここでお団子食べました。
そしてまた靴の小石出すの忘れた〜。

そして鎌倉駅まで歩きました。
まだそんなに足の痛みは感じてなかったの。

小町通りの漬物屋さんは物凄い人だった!人を押しのけつつ試食!試食!
長いものみそ漬けとごぼうの漬物を買いました。
あんなに混んでいるのに、レジに人の列は無し。
試食のみかよ!

途中から若宮大路に抜けると、こちらにも同じ漬物屋さんがありました。
こっちの方が空いてたわ。


隣の腸詰屋でソーセージと黒ビール。
パツンってはじける皮と溢れる肉汁がうまーい。

…また靴の小石出すの忘れたー!






鶴岡八幡宮では結婚式の最中でした。
外人さんたちも大喜び、私も大喜びです。
綿帽子、いいですね〜。
巫女舞があるかも…とコソンがいうので、しばらく待っていたけど、
三三九度もこれからかも…まだまだ時間がかかりそうなので諦めました。

階段を登りたくなくてお参りせずにさようなら。




鶴岡八幡宮を後にしてから、足が痛くてゆっくりペースに。
コソンはさっさと行ってしまい、時々途中で待っている。
この程度のハイキングでなぜ足が痛くなるのか、理解できないらしい。



帰りは江ノ電。



そば食べて帰りました。
うまかった。

左足の指の腹に水膨れができてました。
翌日はふくらはぎを中心に筋肉痛ー。
録画しておいた「最後から二番目の恋」を観たら、キョンキョンも鎌倉の山に登ってました。
六国見山の模様。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(湘南) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |
1
profilephoto
管理人:さらさ
 @kaze_no_yukue
 Facebook bali@kazenoyukue.net
 Facebook 風のゆくえ〜湘南日記〜
Instagram Instagram
CATEGORY
ENTRIES
COMMENT
Blog People
LINK
ARCHIVE
OTHERS
MOBILE
amadana × CLYTIA


「amadana」がデザインした
ウォーターサーバー

バナジウム天然水宅配サービス「クリティア」
女子カメラMook