;

Blog*風のゆくえ 〜湘南日記〜

Blog*風のゆくえ 〜湘南日記〜 湘南の片隅、夫のコソンとふたりの暮らし

さよならバリ島 JALプレミアムエコノミー編

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)

ジャカルタに着いて荷物をピックアップ。
空港スタッフにJALカウンターはどこか聞いたら、外へ出ればJALのカードを持った人がいるよ、すぐわかるよ、バスに乗るんだよと言われたけど、外へ出てもそれらしき人はいない。
飛行機で一緒だった日本人にはさっきすれ違ったのに、外に出てくる様子もない。
仕方ないので、近くにいた警備っぽいおじさんに「JAL!JAL!」と訴えてみたら、そこのエレベーターで○階に行くんだと教えてくれる。
バスに乗るんじゃないのかな?「JAL!JAL!」とこちらが言えば、「○階!○階!」とおじさんが言う。
半信半疑でエレベーターに乗ると、さっきのおじさんがついて来てくれて、エレベーターのボタンも押してくれて、乗り継ぎカウンターが見えるところまで案内してくれた。おじさんに感謝♪トゥリマカシー、トゥリマカシーと何度もお礼を言う。

おじさんが案内してくれたとは言え、またしても遠かった。
スーツケースが重くてへとへと。
やっと辿り着いたJALカウンター。
なのに今度は荷物の重量制限超えてるという。1個23キロまでだって。
「2人で46キロ以内でいーじゃんっ!」
「ダメダメ、1個23キロ」
「そっちは?そっちの荷物は何キロ?」
「こっちは大丈夫」
「だから何キロ?」
「大丈夫大丈夫」
「じゃぁ、そっちに荷物移すよ!」
「ダメダメ」
「なんでよ!じゃあサーフボードは?ボードは何キロまで?」
「ボードは関係ない」
「ボード何キロまで?」
「…(誰かに聞いている)ボードは重さ関係ない」
「じゃぁ、そっちに移すから返してよ!」
…と、隅の方へ行って、う○こ座りでスーツケース開けて、本などをボードケースに詰め替える。
よーしっ!これでどーだ!と重量計に乗せてみれば、「オーケー!オーケー!」
本当はボードケースにも重量制限ってあるはず。
でもオッケーっていうんだからなんだっていいのだ。
ボードケースは荷物入れるのに結構役に立つ。

チェックイン手続き中、カウンターに置いてあった資料をふと見ると
「プレミアムエコノミーにアップグレード $200」の文字が…。
「ねぇねぇ、この飛行機にこのシートあるの?」
これまでこちらはほとんど日本語、あちらは英語で話してたんだけど、さすがにそれでは足りないと思ったのか日本語スタッフを呼び寄せる。
日本語の上手な若いおねぇさんだ。
「この席ありまーす」
2人で400ドル。円高だから3万6千円くらいだね。
「どーする?」
「どーする?」
アップグレードしちゃえっ!
「じゃぁさ、さっきの荷物の重量、関係なかったの?」
「そーでぇーす。かんけーありませーん」とおねぇさん。
みっともなくスーツケース開けて荷物入れ替えたのに、アップグレードしちゃえば必要なかったらしい。
先にこれを見つければよかった…。

会計は違うカウンターで。両替所なのかな?銀行なのかな?
物凄く年とってそうなおばあさんが会計してた。
年はとってるけどシャッキリしててテキパキ動いている。
テキパキやってそうに見えるのに、遅い。ホントに遅い。
暇なので日本語のお姉さんと話をする。
語尾を伸ばすしゃべり方が面白い。
「ありがとござまーす」
「そぉでーす」
「こぜにはだめでーす」


やっと、やっとイミグレも終わってロビーへ出てきた。
(私、出国時の航空便名をガルーダの国内線のを書いてた!文句も言わずに勝手に直してくれてあった。)

ポップミー食べたい。
店先にpop mieを積んであるお店に入る。
…ここも汚いなぁ。視界のあちこちで、小さな何かが動いてる。
店の壁や床の色と同じだからパッと見ても気づかないけど…気づいちゃった。
大量のゴキブリがあっちにもこっちにもいるよ〜。
もうお金払ってお湯入れてもらっちゃったから仕方ない。
開いてる席に座って大急ぎで食べた。
テーブルの上にも下にもいるよ〜。やつらがいるよ〜。


 

出発までまだまだ時間があるので、どこかラウンジでも…と思ったけど、さっきのやつらがまたいたらイヤなので、ベンチに座って過ごすことに。
目の前の左側にはクリスピークリーム、右にはエクセルソ。
こんな景色を眺めて座ってました。


やっと搭乗! ↓これがプレミアムエコノミーのシートです。
JAL プレミアムエコノミー

シートの間隔はちょっとだけ広かったかな?
座席の下に荷物を置けないので、CAにバッグをお取り上げされる。
「必要な時はいつでもお取りいたします」とのこと。

私はすぐに寝てしまったのだが、コソンは飲み物などを満喫していた模様。
ビールなどを飲み、おつまみは乾きものではあるけれど、エコノミーとは違う美味しいものをもらったんだって。「シャンパンも飲みたかったけど、さすがにそれは酔っ払いすぎるからやめといたぁヽ(‘ ∇‘ )ノ」と満面の笑み。相当楽しかったらしい。


JAL プレミアムエコノミー 食事

プレミアムエコノミーのお食事はエコノミーと一緒。
ヤクルト2本って?
子供のころからヤクルトは1本しか飲んじゃダメって言われてたのに…。
大人はいいのか?



飛行機からみる朝焼けって神秘的。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(2) | trackbacks(0) | △TOP |

さよならバリ島 ガルーダ国内線編

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)

空港に送ってもらって、けんちゃん(バリクツアーズ)とはここでお別れです。
さようならけんちゃん、さようならバリ島。

さて、搭乗口はどこかな?
着いた時に歩いた通路を逆走する。
あの長いアーケードみたいなところを進むと突当たり。
右に行けば国際線、左に行くと国内線。看板が出てた。
左に曲がって、ここかな?…ちがった!到着口だった。
そこを通り過ぎてどんどん歩く。
行けども行けども辿り着かず、ホントにこっちでいいのか…不安〜!
だって普通、車寄せからこんなに遠いってことある?
他にも同じ方向に歩いている人がいるので、間違ってはいないだろうと頑張って歩く。
左側は工事中のようで防護壁がずっと続いてる。
防護壁で向こうは見えないけど、もうすでに空港入り口の料金所近くまで歩いて戻ってる雰囲気よ。

ガルーダカウンターに着いたのは車を降りてから20分も経ってたよ。
1キロ近く歩いたってことだ。スーツケースを転がしながらの1キロはきつい。
いくら30分前までにチェックインすればよいといっとも、余裕もって行っとかないとだめね。
カート使えばよかった。
↓到着時はこんなに放置されてるカートも出発するときにはひとつも見当たらなかったぜ。



国内線の出発ロビーは人がいっぱいで空気がどんより。ちょっと暑い。
コソンがまた気分が悪くなってきたというので、カフェでお茶することに。


バリ島最後に注文したアイスティの氷は自家製。大丈夫かな?
しかもこのカフェ…というかロビー全体が汚いんだよ。
どこもかしこもベタベタしてる。
ねずみまで出て来てびっくり仰天。うー。

後ろのテーブルに、日本語がプリントされたTシャツを着ているアジア人がいたので、
「日本語だぁ」「ホントだぁ」と少し大きめの声で話していると気づいてくれて
津波大変だったね。海の近くに住んでて津波は大丈夫だった?と気遣ってくれました。
彼のTシャツに書いてあった日本語はなんだったかな?あんまり覚えていないのが恥ずかしい。


ガルーダの飛行機の中寒い〜。ブランケットはないと言われる。
私のカーディガンをコソンとふたりで膝に掛け、寄り添ってやり過ごしました。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

サテ ビアワッ(ク) SATE BIAWAK

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)

サテ・アヤム、サテ・バビ、サテ・カンビンなどなど、さてにも色々ありますが、
はて?「サテ・ビアワック」とは一体なんぞや?

けんちゃんがiPadでささっと検索して見せてくれたビアワッの写真は…
ほとんどコモドドラゴンやんっ!
世界の果てまでイッテQ!によりますと、日本名「ミズオオトカゲ」の模様。
(なんとっ!森三中のムーさんが素手で捕獲していた!)

サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)



サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

人の良さそうなおじさんがパタパタとバリ風団扇をあおぎながら焼いている。
おじさんとか言っちゃってるけど、私より若いのかも。


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

タレにつけて焼きます。
焼き上がったものもここにのせてタレをつけ直していたけどね。
きっと付けては焼き、付けては焼きしているのでしょう。希望的観測。


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

奥さまは盛り付け担当。


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

コソンさんは大人しく待ってます。
このベンチやテーブル素敵ね。こういうの家にも置きたいな。


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

先にオオトカゲスープを出してくれた。具が多くてスープというより煮物な印象ね。
身が硬いと聞いていたけどそうでもない。骨も細くて身離れがよく食べやすい。
うまーいっ!うまいけど辛ーい!


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

サテもうまいっ!
確かにアヤムよりは硬いけど、噛みきれないほどじゃない。気にならない感じ。
味は鶏肉に近いわね。
ピーナッツとケチャップマニスみたいなのを曖昧に混ぜたソースがまた絶妙だ。
辛ーい!辛いけどうまいっ!


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

ブンクスしていく人が多かったです。


サテ・ビアワッ(SATE BIAWAK)

帰りにもう一枚パチリ。ごちそうさまでした。


サテ・ビアワックはビアワックが手に入った時だけ営業しているそう。
けんちゃんは電話して聞いてくれてました。
食べたい方はバリクツアーズでカーチャーターを♪
どーも「サテ・ルアバック」と言ってしまうので、どうしてかしらと首をひねっていたのだけど、もしかしたら「コピ・ルアック」と混ざる?
それと、biawakの最後のKは「っ」と発音するようなので、日本語で表記すると「ビアワッ」が正しいのかも。
(バッソもbaksoと書いてパッソと読むようなので、バクソと言わないで〜。)
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

サテ・ティパッ(ト) Sate Tipat

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)

バリ島最終日。
ジャカルタからJALなのでバリ島を発つのは夕方です。

バリク・ツアーズのカーチャーターでバリ島最終日を満喫中。
お昼はケンちゃんおすすめのサテ・バビです。


ドライバーのニョンニョン。ニコニコしてる。
サーフボードを車の屋根に積んでいるので、私たちが車を離れるときはボードの見張りをしてくれています。でも、この日は車がすぐ近くなので一緒に食事♪
けんちゃんは注文してくれてるの。



パタパタパタパタ…うちわを振りながら次々に焼いています。
ポリシみたいなユニフォームの人がいっぱいお食事中。タクシードライバーかな?



ティパットという、お米を葉っぱで包んで蒸した(茹でた?)ものがついてるので、「サテ ティパット」と言うそうだ。Tipatの最後のtは「っ」って感じで発音するようなので、表記としては「ティパッ」の方が合ってるのかもね。
サテをひと口食べて、その串でティパットを刺して食べるのが正しい食べ方だそう。
うまいっ!激ウマだ。バビ(豚)だけど脂っこくない。豚肉の旨味たっぷり。
甘辛のタレと添えてあるガラム(塩)を付けて食べるとまたうまい。甘みとしょっぱさのコントラストが絶妙。
これは癖になるなぁ。
いや〜ん♪毎日食べたい(⌒〜⌒)もぐもぐ。

場所はなんとなくわかったけど教えな〜い。
食べたい方はバリクツアーズでカーチャーターを♪
最強のサテ屋台!(バリ島旅行バリクツアーズ)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

La'Vieでマッサージを受ける。

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)

最終日もバリクツアーズさんにお世話になっています。
けんちゃんとニョンニョンさんが迎えに来てくれました。
まずはLa'Vieでマッサージです。
マッサージの予約もバリクツアーズにお願いしました。(La'Vieのページはこちら

 

La'Vieは2度目です。写真は前回(2010年)のもの。
2010年には私がラヴィ・パッケージ A 120分 3,500円
(フットリフレクソロジー(60分)+オリジナルジンバランマッサージ(60分)
コソンがラヴィ・オリジナル・マッサージ 120分 3,000円
今回はふたりでオリジナル・ジンバラン・マッサージ 60分 2,000円を受けてきました。

ベッドはカーテンで仕切られています。
まずはカーテンを全部閉めてくれて、その中で着替え、着替えた服や荷物は枕側にある棚の中に入れます。
オイルを使わないので裸にならなくていいし、シャワーの必要がないのがいいですね。
La'Vieのマッサージは超気持ちいい。
肩甲骨のへりをぐいぐい押してくれるのが、なんとも言えない気持ちよさ。
タイ式と言ってもハードな本物のタイ式ではありません。
指圧中心ですね。最後の最後にエビぞりみたいなのをしてくれるんですが、
今回は「エビぞりいいですか?」と聞いてくれました。
わたしは遠慮しときました。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

アリラ・ヴィラズ・ウルワツ チェックアウトの朝

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)


朝日があたって、部屋の中がきれいでした。
コソンはデッキチェアでうたた寝。



お風呂まで入っちゃった。
気持ちよかった〜。



ヨガへ行って、朝食を食べて来て、まだ時間があったし暑いので、裸でプールへ入っちゃう。
立ちあがっちゃうと外から見えてしまうので、しゃがんだまま、ゆっくりと。
水が冷たいっ!息が止まるほど。
さっきまで具合が悪かったコソンも入ってきた。
「おいら冷たくないよ」とばっしゃばしゃしている。
水が揺れると冷たさが増すんだよっ!うーっ!

チェックアウトの時、日本人のスタッフが対応してくれました。
「いかがでしたか?」の問いに「たった1泊じゃ、わからないですね〜」とコソン。
たった1泊じゃなんとも言えないわね。
わたくしとしてはですね、価格が高すぎかな。
海も近くないし、プライベートスペースが狭くて窮屈だし…。
$700の価値があっただろうか?うーむ。
ここじゃなくてもよかったな…って。


アリラ ヴィラス ウルワツに泊まるツアーはこちら
クチコミはこちら⇒Alila Villas Uluwatu アリラ・ヴィラ・ウルワツ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(2) | trackbacks(0) | △TOP |

アリラ・ヴィラズ・ウルワツのレストラン「CIRE(シーア)」で朝食

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)


朝食は「CIRE(シーア)」で。




フルーツ。



スムージーも頼んでしまった。



コーヒーはエスプレッソで、ラテアートがかわいい。



私はブラックティを。



ミーゴレン。



生ハムが激うまでした。
そのほかにワッフル、チキンソーセージなども食べたはずなのに写真がありません。
飾りっ気がなくてつまらなかったので撮らなかったのかも。



生ハムが激ウマだったのと、どれも少量ずつだったのでまだ食べられる気がして、生ハムとパンを注文。待っている間にこーぞーは暑気にやられて汗だくで気分悪そう。



先に部屋に帰れば?と提案するが、大丈夫だからゆっくり食べろと言う。そう言われても具合の悪そうな人を前にゆっくりもしてられない。でも追加しちゃったので食べない訳にもいかないので急いで食べた。生ハムは完食するが、パンはクロワッサンひとつしか食べられず。

アリラ ヴィラス ウルワツに泊まるツアーはこちら
クチコミはこちら⇒Alila Villas Uluwatu アリラ・ヴィラ・ウルワツ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

アリラ・ヴィラ・ウルワツ Alila Villas Uluwatu のヨガクラス

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)


そしてヨガ。

毎朝9時からヨガクラスが開催されてます。
このためにウエアを持って行きました。
ひとりで行くつもりだったけど、コソンも一緒に行くとのこと。
9時ぴったりに到着したときには、インストラクターと‘桜’(アシスタント)でもう始めてました。
英語ですが、まぁなんとか‘桜’を見ながら真似して行います。
でもこの‘桜’、イントラの言ってることと違うことをどんどんひとりでやってることがあり、時々戸惑う。ヴィンヤサというのか、フローというのか、シーケンスというのかわかりませんが、決まった流れがあるんでしょうね。知ってる人はどんどんやっちゃうんでしょうけど。

最初は私たちだけでしたが、後からぱらぱらと人が増えていきます。
結局私たち含めて6人か7人か…。
アジア系の人たちだけでしたね。しかも女性ばかり。男子はコソンひとりでした。

長かった〜、疲れたぁ。身体が伸びた〜。
風と波の音と鳥の声、BGMはそれだけ。抜ける風が気持ちよかった。
最後のリラクゼーションの時、アイピローだったかタオルだったか…目の上に乗せてくれます。これもレモングラスのいい香り。この香りにハマってしまった。

家に帰ってから全身筋肉痛。
特に足の裏側(足の後ろ側)が痛ーい!
「だって、(前屈で)床に手が付いてないの、あんただけだったよ。」とコソン。
身体硬いのよ私。

アリラ ヴィラス ウルワツに泊まるツアーはこちら
クチコミはこちら⇒Alila Villas Uluwatu アリラ・ヴィラ・ウルワツ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(2) | trackbacks(0) | △TOP |

アリラ・ヴィラズ・ウルワツのレストラン「The Warung(ワルン)」で夕食

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)

夕食はルームサービスにしようかとも思ったけれど、
ホテルのレストラン「The Warung 」でとることに。


暗くなって外へ出てみたら、部屋番号が灯りでともる仕掛けが…。




今日の特別メニューはバビ・グリンだった。
丸焼の豚さんと一緒に記念撮影。




こんがり、焼かれちゃって、唐辛子を牙にされちゃってます。




サンバルやケチャップマニスなどを使ったソース10種類をクルプックに付けて
食べるという「利きサンバル」みたいのが面白かった。サンバルマタうまいっ!




サテリリッは小さな七輪でやって来た。熱々。




何か、カクテルを頼んだようだけど覚えてない。




バビグリン少なっ!皮はちゃんとパリパリだった。でも皮と肉しかなく味がない。
調味料は別に添えられてた。それをつけるとワルンで食べるバビグリンっぽい味になり、
まぁまぁ美味しい。腸のクルプッは脂っぽくて味がなくてイマヒトツ。




コソンさん、ビンタンビールは美味しいですか?
ビールはワインクーラーに入れてくれてます。




ラワールは豚のひき肉とココナッツを混ぜた感じ。
ビーナツのソースを掛けて食べます。











 



以前、どなたかのブログに「ブルガリホテル・バリのナシ・チャンプルがRp30万だった」と書いてあるのを見て、ナシ・チャンプルが30万ルピアなんて考えられない!と笑っちゃっていたのだけど、今回の私たちのバビ・グリンはふたりで60万ルピアちょっとでした。
「高級ホテルのレストランでRp30万のバビグリン♪」話の種がひとつできました。


アリラ ヴィラス ウルワツに泊まるツアーはこちら
クチコミはこちら⇒Alila Villas Uluwatu アリラ・ヴィラ・ウルワツ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

アリラ・ヴィラズ・ウルワツ パブリックプール編

Category : お出掛け♪(バリ島2012年1月)


メインプール。
インフィニティプールってやつですね。
翌朝は晴れた時ので海が青いです。



サンセットカバナ。
チェックインしたときは、結婚式が行われていました。




柵から下を覗いてみましょうか。




ひょ〜!




ひ〜!




高〜い!



サンセットカバナという名前がついている通り、夕方ぼっへりしたら気持ちよさそう。



向こうはシーアというレストラン。




プールからロビーを望む。



アリラ ヴィラス ウルワツに泊まるツアーはこちら
クチコミはこちら⇒Alila Villas Uluwatu アリラ・ヴィラ・ウルワツ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| お出掛け♪(バリ島2012年1月) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |
12345>|next>>
profilephoto
管理人:さらさ
 @kaze_no_yukue
 Facebook bali@kazenoyukue.net
 Facebook 風のゆくえ〜湘南日記〜
Instagram Instagram
CATEGORY
ENTRIES
COMMENT
Blog People
LINK
ARCHIVE
OTHERS
MOBILE
amadana × CLYTIA


「amadana」がデザインした
ウォーターサーバー

バナジウム天然水宅配サービス「クリティア」
女子カメラMook